難しくない住宅ローンシュミレーションの方法は?

住宅ローンシュミレーションというと何か難しそうなものだと考えている人が多いようですが、現実は大して難しいものではありません。
最近はコンピューターソフトを使えばすぐにできますし、ソフト自体は銀行などのホームペーシに載っていますし、住宅メーカーで診断サービスをしていることも少なくありません。
自分の年齢などを入力すると今後のライフイベントが表示され、必要な資金額が算定されます。
そして年収を少し下げた状態で再度シュミレーションをしてみると、万が一の給与減額に備えたシュミレーション結果が得られます。
これらの結果を見ることで自分が住宅ローンを返済しづけることが化膿か否か、そして返済する際の目安を知ることができるのです。
住宅ローンのシュミレーションで金利を比較