夫婦共働きの場合の住宅ローンの減税は?

夫婦共働きの場合の住宅ローン減税について見ていきます。
マイホームを購入する際、名義や登記をどうするか、迷うこともあるかもしれません。
しかし誰の名義にするかは、資金を負担したのが誰かということによって決まってきます。
例えば、夫婦共働きで住宅ローンも含め半分ずつ負担する場合には、夫と妻で2分の1ずつの共有名義となるのが基本です。
夫婦などで共有名義にする場合、登記の仕方によって、損得が分かれる場合があります。
例えばマイホームを購入して、妻名義もしくは夫婦で2分の1ずつの共有名義にした場合を考えてみます。
この場合、マイホームを売却するときが大きなポイントになってきます。
売却時に利益が出ていたとすると、妻名義にしていた場合には、夫は3000万円の特別控除を受けることができますので税金は発生しませんが、妻は3000万円の特別控除をフルに利用することはできず、税金が発生しています。
逆に2分の1ずつの共有名義にしておけば、夫婦ともに税金がかからないのです。
住宅ローン減税を考える際には、こうした点も考慮に入れておくことが大切なのです。