中古マンション住宅ローンの仮審査とは?

新築マンションの住宅ローンは、ご自身で選んで来た銀行でもローンは組めますが、販売会社の提携した銀行等で優遇金利などもあり、購入しようと決めた後でもローンの段取りは組めます。
また建物完成、入居までに時間もある事からじっくりと時間をかけて検討出来ます。
ところが、中古マンションの購入の場合は、希望の物件が見つかってから購入までは一月程と短く、かつ折角欲しい物件が見つかったのに、住宅ローンがおりず、諦めなければいけないと言った状況も起こりえます。
中古マンションの物件探しは、時間と労力を使うだけに、欲しい物件がようやく決まった後に、住宅ローンでつまずいてしまうのは非常に残念です。
こういった事が怒らない様、希望物件が見つかる前に、だいたいの予算での仮審査をすることをお勧めします。
どの銀行でも、具体的物件が無くても、収入や年齢、勤続年数等から幾らくらいまでなら借りられるかという仮審査をしてもらえます。
最近はHPなどでも簡易的に出来るところがありますが、シミュレーションと仮審査は大きく違い、実際のご自身の属性等から借入可能額を審査するため、ここでの借入金額が希望額に満たないということもあります。
いざ物件が決まってから、計画変更を余儀なくされるという自体を防ぐ為にも、一度仮審査をしておくと良いでしょう。