フラット35Sの耐震性基準とは?

日本は地震大国とも言われており、小規模なものから大規模なものまで頻繁に地震が起こっています。
万が一のときに備えて、最近では耐震性を高めた住宅に人気が集まっていますが、この耐震性を強くすることでフラット35Sの利用が出来るようになるのです。
耐震性をはかるために、住宅性能表示基準というものがあるのですが、耐震対策の等級2に当てはまる物件ですとフラット35Sが利用可能です。
耐震性の高い住宅に住むということは、フラット35Sのことだけではなくて、自分自身や家族を守るためにもとても重要なポイントとなるでしょう。
地震はいつ起こるか分かりませんので、これから住宅を建設しようと考えている方は耐震性の充分備わった住宅を建てていった方が良いでしょう。
フラット35Sの審査は厳しい?甘い?金利引き下げ!【技術基準落ちる?】