フラット35sエコとは?

フラット35とは、民間金融機関と住宅金融支援機構の連携によって提供されている最長35年の長期固定金利住宅ローンのことです。
2012年には、省エネルギー性の高い住宅や被災地支援に特化したフラット35sエコが登場しました。
これは、従来のフラット35sより、金利の引き下げ幅が大きくなっています。
復興を目的としていて、東北3県全域と千葉県千葉市などの被災地には金利優遇がされています。
新築か中古問わず、省エネルギー性の住宅については、所定の基準を満たしていないと適応されません。
断熱材を厚くし、窓を複層ガラスにしたり、最適な基礎に強い地震に耐えられる壁を設けた住宅に適応されます。
フラット35sエコは、変動金利でないので、金利が高めに設定されています。
そのため、返済のシュミレーションをすると、支払総額がお得にならない場合もあります。
ライフプランによって返済方法は様々あるので、よく検討してからの利用をすすめます。