フラット35審査には委任状が必要?

フラット35の審査には、住宅が高機能であることを証明しなければいけません。
これは、適合証明書を発行出来る建築士など有資格者のいる期間にお願いしなければいけません。
そこで、フラット35の審査に関わる様々な申請や書類の提出が必要になってきますが、委任状をつけることで、本人が請求すべき書類や申請をスムーズに手続きしてもらうことが可能なのです。
断熱、耐震、バリアフリーなどの各項目が基準をクリアしていることがフラット35の融資条件になってきます。
新築の場合、建築業者にまとめてお願いしておくとスムーズですね。
建物に関する審査基準はチェックが厳しくても、大事な財産となる我が家ですから、長く住める良いものを建てたいですね。
フラット35比較ランキング!金利安いおすすめ銀行は?【借り換え】